代表挨拶

シロアリ対策のプロフェッショナルとしてお客様に最高の技術を提供いたします。

株式会社友清白蟻
株式会社友清白蟻

日本で最初に新築時のシロアリ予防を提案し実行したのは当社の前身である(有)友清化学工業白蟻研究所です。その際、皆さまにもおなじみの「喰われて泣くより先ず予防!」のキャッチコピーとロゴマークを作りました。
昭和28年のことです。以来、業界のパイオニアとして、シロアリ防除のプロフェッショナルとして、実績を重ねることにより、現在、全国でも有数の会社に成長することができました。これも、ひとえに地域のお客さまからの信頼の賜と感謝いたしております。

当社のモットーは「最高の技術によるシロアリ防除を適正価格で提供する」ことにあります。そのためにも、まず社員1人ひとりがお客さまに対するマナーを大切にしています。お客さまの住まいを自分の家だと思って対応することで、本当に満足し安心していただけるシロアリ対策ができると考えています。

さらに、これまでの地震災害の調査からシロアリの被害を受けた建物は、地震の際、倒壊の危険が高くなることがわかっております。「命の鍵を握っているのはシロアリです!」のキャッチコピーとともに新築時から5年毎のシロアリ予防を提案しています。また、人と環境に優しいシロアリ対策をテーマに新しい予防方法の開発にも取り組んでいます。

今後も地域の皆さまとのコミュニケーションを大切に信頼頂ける住まいの安心のパートナーとして、さまざまなサービスをご提供するとともに、地球環境の保全にも貢献してまいりますので、友清白蟻を何とぞよろしくお願い申し上げます。

代表取締役 山辺 利成

企業理念

昭和22年創業以来、地域の皆さまとのコミュニケーションを大切に、信頼いただけるパートナーとしてサービスを提供してきました。またこれからも人と環境に優しく、住まいの安心のために長年の実績と、ひとつひとつていねいな対応でサポートしていきます。住まいの安心のためにどんなことでもお気軽にご相談ください。

企業理念

会社情報

新築時のシロアリ予防を日本で最初に提案し実行したのは(有)友清化学工業シロアリ研究所「喰われて泣くより先ず予防」のロゴとコピーを昭和28年に作成。
その後法改正により新築時のシロアリ駆除が義務付けになった。

社名
株式会社 友清白蟻
資本金
15,000千円
代表者
代表取締役  山辺利成
所在地
本社
〒799-2654 愛媛県松山市内宮町513
【tel】 089-978-2630 
【fax】 089-979-6212
高松支店
〒761-8053 香川県高松市西ハゼ町285番地1
【tel】 087-866-2780 
【fax】 087-866-0325
高知支店
〒780-0024 高知県高知市前里70番地3
【tel】 088-824-1501 
【fax】 088-822-0733
株式会社 友清白蟻
営業時間
月~土 8:30~17:30
休日 毎週日曜日 祝祭日
(羽アリの時期の5月の祝日は営業しております)
(お盆 正月についてはお問い合わせください)
事業内容
シロアリ防除
防湿工事および関連事業
維持管理型ベイト工法の開発提案
自社開発製品
  • 防毒マスクの、ろ紙吸収缶・アリダンポスト・モクボープラグはメーカーへ提案して商品化された。
  • 白蟻防除ロボットの開発
  • 次世代駆除システム維持管理型C&Fベイトシステム開発
特許関連
アゴラトラップは平成24年特許を取得しました。 (特許第4974122号)
関連会社
株式会社バックアップ(薬剤販売・増改築工事・損害保険代理業務)
株式会社ジェットプロジェクト(マリンジェット/ジェットスキーの販売・保管)

沿革history

昭和22年
創業 九州で個人創業営業、その後(有)友清化学工業シロアリ研究所へ法人化
昭和41年
有限会社 友清白蟻研究所 松山支店開設
昭和45年
有限会社 友清白蟻 設立
昭和51年
株式会社 友清白蟻  へ組織変更
平成9年
新時代のシロアリ駆除システム「ベイト工法」販売開始
平成11年
ベイト工法商品「エクステラ」提供開始
平成21年
次世代型ベイトシステム C&F 販売開始